ASP CATEGORY
ASP ARCHIVES
芸術表現特講2 中学校を美術館にしよう!
7月14日 中平千尋さん 長野市立櫻ヶ岡中学校・美術教諭

7月14日の芸術表現特講2は学生企画枠。学生が書いた企画書の中から、お招きする講師の方を決めます。

今回の企画者はASPコース1回生の小林稜治くん。○熱大陸のテーマソングをバックに、導入の紹介文を読み上げます。なかなか小憎い演出です。


彼の母校中学の先生であり、「とがびアートプロジェクト」「さくらびアートプロジェクト」といったユニークな美術教育の取り組みをされている中平千尋先生が、今回の特別講師の方です。

この日、長野からはるばる、それも大雨の京都(当日は大雨洪水警報が発令!)にお越し下さいました。


「今の中学生は、「してはいけないこと」が多すぎる。はじめから大人の言うとおりにして、面倒くさいことはしない」「自分で決めたり、自由にする、ということが苦手」と話す中平先生。「(アートプロジェクトの中で)生徒にやりたいことをやりたいだけやらせると、生徒自らが自分でブレーキを踏むことを覚えた」という事例には、教室のあちこちでうなづく姿が見られました。



中学校を美術館にしよう!という取り組みが、単に生徒と美術作品を結びつけるだけではなく、美術館関係者、アーティスト、地域社会の人々との関わり合いも生み出している点が印象的でした。アートの力を使って、いろんな世代や場所を結びつけていく、そんな人をASPコースからも発信していきたいと思います!



***「とがびアートプロジェクト」「さくらびアートプロジェクト」とは?***
「子どもたちに美術を身近に感じてほしい」「中学校を美術館にしよう!」と、2004年から始められたアートプロジェクト。中学生が「キッズ学芸員」となり、アーティストとともに制作・展示を行います。
今年は「ながのアートプロジェクト」として、より多くの人を巻き込んでいきます。10月10日(日)、10月24日(日)開催です。詳細はながのアートプロジェクト公式サイトより。


また、とがびアートプロジェクトのブログにで、本授業のことを紹介していただいています!7/15の記事はこちらから
| 2010.07.19 Monday | 授業紹介 | 投稿者:道上 |